奥阿蘇で森の歴史を巡る
2018.11.21

11月18日(日)に山都町(旧蘇陽町)東竹原で

50年のナンゴウヒ(ヒノキ)〜100年のメアサ(スギ)〜

450年のケヤキを巡るフットパスツアーが開催されました。

メアサとは、九州において古くから挿し木によって育てられている

スギの在来品種で、かつて山伏によって九州各地の神聖な場所や

社寺に植えられたと言われています。この木は木目が美くしく、

老齢木は銘木として取り引きされています。

これら熊本の宝に囲まれ、9歳から80歳の方たちが一緒になって

歩いた森林散歩になりました。

≪ 一覧に戻る